入れても5分ともたない早漏男のあなたに。プロコミルスプレーをレビューします。
Pocket

どうしたらセックスの時に長持ちできるんだろうか・・・?

アダルトビデオの男優さんは、どうしてあんなに長い時間射精を我慢できるんだろう・・・?

こんな悩みを抱えている人いませんか?

かく言う私も同じ悩みを抱える一人でした。

さすがに5分ということはありませんでしたが、15分とはもたなかったと思います。

統計によると女性がセックスで満足できる最低の挿入時間は、15分ということだそうです。

 

どうですか?15分、我慢できますか?

15分なんてすぐでしょ。と思うかもしれませんが、実戦の場では、果てしなく長い時間に感じました。

感じましたと言うからには早漏を克服したの?と言われそうですが、ハイ、克服しました。

プロコミルスプレーで。

 

今では最低でも20分くらいは我慢できるようになりました。

少し前までの私は、確かに早漏だったと思います。

どの程度の早漏かと言うと、疲れていない時はまだ大丈夫なんですが、ちょっと疲れていたり仕事でトラブルがあったりするとけっこうダメでした。

入れて5.6分もするともう射精感がこみ上げてきてあっという間に出てしまっていました。

ひどい時は、挿入して女の人のよがり声を聞いただけで出てしまったことすらあります。最低ですね。

 

さすがにこの時は、相手に対して申し訳ないのと、自分の不甲斐なさに死にたくなりました。。゜(゜´Д`゜)゜。

そんなことが2回ほど続いたので、これはいかんと思いネットで調べてプロコミルスプレーを買いました。

プロコミルスプレーを使ってみて

注文してから待つこと約1週間で届きました。

早速開けてみると、大きさは5.6センチくらいです。

ドイツ製で非常に軽いスプレー缶です。

小さいので持ち運びにも便利だと思います。

ズボンのポケットに入れておいても邪魔にはなりません。

私はいつも女の人に会いに行くときは、ズボンのポケットに入れて行きます。

 

そして使うタイミングは、セックスをする1時間くらい前にペニスの敏感な部分に2.3スプレーします。

私の場合は、亀頭と、カリの部分、裏筋に1回づつです。

これで大概大丈夫です。

30分程もちます。

これは、スプレーを使った時で、この頃は使わなくても20分くらいは大丈夫になりました。

使っているうちにだんだん我慢できるようになってきます。

どうしてそうなるのかはわかりません。

薬品がペニスにどんどん浸透していって感じなくなってきているんでしょうか?

説明書によるとスプレーした後は、よくシャワー等で洗い流すように書いてありました。

洗い流しても効果がなくなることはありません。しっかり洗い流した方がいいです。

 

というのも、ただ一つ気になることがあります。

それは、スプレーした時に出る匂いです。

これは決していやな匂いではありませんが、かなり甘ったるい独特の匂いがあります。

もしプロコミルスプレーを内緒で使おうと思うならよく洗い流さなければなりません。

そうしないと確実にバレます。それくらいの匂いがします。

 

ですので私は1時間程前にトイレでスプレーして、換気扇を廻して少ししてから女性を風呂に誘いました。

一緒に服を脱いで先に入り、入ると同時にペニスをしっかり洗います。

そうするとそのうちに相手が入ってきますので、あとは浴槽の中でイチャイチャするだけです。

これで大丈夫です。

 

そして気になる使用感ですが、まず普通に快感は感じます。ですが、ペニス自体には触っても何も感じません。

これは不思議です。叩こうが、少々強くつまもうが痛くありません。

この状態で、セックスしてもちゃんと気持ちいいです。

 

使用可能回数は、わかりませんが10回ほど使ってもまだ結構残っている感じがします。

ですので気軽に早漏対策したい方は、いちど使ってみることをおすすめします。

リドスプレー(LidoSpray)

名前は違いますが、同じ物です。

あと心配ならこういうのもあります。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓
メガマックスシリーズ徹底紹介【短小・早漏・精力】

 

可愛い彼女、素敵な彼氏、エッチなセフレが欲しくありませんか?

毎日の生活が楽しくなる優良な出会い系サイトです

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAXあなたも彼女、セフレ、を見つけてワクワク ドキドキしよう

お試しでやってみたら、あなたの明日が変わります

PCMAXは会員数も1000万人突破です\(^O^)/

あなた好みのエッチなお相手が必ずいますよ

登録後、年齢認証で60ポイントの無料お試しポイントも貰えます

サクッと登録してセフレさんとラブホデートしませんか?

フリータイムで朝から一日のんびりマッタリしてリフレッシュしましょう

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事