この夏PCMAXで出会った熟女48歳と久々夜ラブホへ(2人目)
Pocket

スポンサードサーチ

ぽっちゃり熟女48歳、との出会い

この夏2人目の出会いである。

この日は昼間ちょっと時間が合わないとのことで自分としては珍しく夜の出会いとなった。

まあかなり暑い日だったので、冷房のきいたラブホで風呂に入ったりビールを飲んだりとまったりと過ごせた。

会う前のメールのやりとりではかなりのぽっちゃりとのことだったので、期待していたが今回もそれほどのぽっちゃり熟女ではなかった。

でも、これくらいならまあ満足できる体型ではないだろうか。

これくらいでも乗り心地は、よかった。

いつもながら、やはり熟女は美味しいと思う。

この体をやりたい放題できるのだから出会い系はやめられない。

今回珍しく和室だったのだが、ちょっと奥まった部屋だったので暑かったから入り口に近い方の部屋に布団を持ってきてクーラーの前でやりまくった。

汗の量が半端なかったので、すぐに布団がグシャグシャになってしまった。

良い汗をかいたと思う。

熟女人妻は激しい

聞けば3年ほど旦那とは、やっていないそうで(旦那以外とは知らんけど)そうとう溜まっていたのか、かなりの激しいセックスだった。

肉食。という言葉が頭の中でぐるぐると回転をつづけていた。

挿入中に潮を吹く人に会うのも初めてだった。

AV女優みたいな、こんな人ほんとにいるんだ・・・。

そんな感想でした。

足下があっという間にビショビショになってしまった。(^▽^)

でもよがるその顔を見ていて、本当に気持ちいいんだろうなと思った。

普通、潮を吹く時って中指でGスポットを引っ掻くようにするが、ペニスの出し入れだけで潮を吹くってどうなん?

感じ過ぎじゃないの?

こんなこと家ではできないと思った。

近所に丸聞こえになってしまうからね。

サイト内でのやりとり

今回は、前回からそれほど時間が空いていなかった。

そして今回は、私のプロフィールを見て向こうから近づいてきた。

最初に、気になりますが、押されたのでした。

そして、私の1通目。

真夏の昼間の3時にランニングに行くとは、どんな変人なんやと思ったと言っていました。

確かにそうですね。

でも炎天下に走っていっぱい汗をかくのってすごく気持ちいいんです。

よければあなたもやってみませんか?

そして、お相手より。

出ました。1行だけの返信。

女性ってこういうの多いですよね。

無料なんだからもっと何か書けばいいのに・・。

頑張っていっぱい書いてますね。

これくらいは書いて欲しいですね。

必死さが伝わってくるような・・・・

もうメアド聞いてるし・・。

またまた1行メールですか。

うーん、仕方ありませんね。

あ、ポイントなくなっちゃいました。

これだからやんなっちゃうよな。まったく。

しつこくアドレス聞いてますね。

1行メッセージというより一言メッセージ。

もはや伝言板みたいじゃないか。

だんだんこっちまで1行メールが移ってきた。

こうなるともはや一言無線の応酬のような・・・。

iDって・・・・。

この後2.3回1行メールの応酬がつづくが、あまりにもバカバカしいのでその部分はカットします。

だってホントにくだらないんですから。

ということで、これを最後にします。

携帯番号もらったので、これ以後は電話しちゃいました。

あまりにも面倒くさいので。。

熟女は、メールがお好き

ということで10回ほどメールしたので500円も使ってしまった。

女の人ってメール好きなんですね。

ですが、これくらいしつこく付き合ったから携帯番号までたどりついたのです。

焦ってはいけませんね。

いやあ、しかし、疲れました。とっても。

今回もラブホデートに成功したサイトは、やはりPCMAX(R18)でした。

アフィリエイト

【重要事項】※マッチングサイトで理想の女性をつかめ※

理想の女性に出会うことは、簡単ではありません。
運良くこの人だと思う人がいても、向こうが自分を気にいってくれるとは限りませんから。

ではどうするか?

これは実際に女性と数多く会って、女性を口説く経験値を上げる必要があります。

女性と出会う機会が全然ないです。なんて言っているうちは絶対に彼女や、セフレなんてできません。

セフレ、茶飲み友だちだっていいんです。何度か会っているうちに情が移って気がついたら好きになっていた。
なんてことも普通にあります。

ではたくさん女性に会うにはどうすればいいか?

私はマッチングサイトを活用することをおすすめしたいと思います。

これがいちばん手っ取り早い方法です。
あなたに毎日ストリートナンパする勇気と根性があれば別ですが・・・。

と、いうことで。

私が日頃最も利用している、最も女性と出会えているマッチングサイトをお知らせします。

そのサイトとはPCMAX(R18)です。

このサイトが一番良い結果が出ています。

PCMAX 公式サイト  R18

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

PCMAXは15年以上の歴史があり、会員数も1000万人の大台を越えている超優良サイトですので、
知っている人も多いですね。

私もガラケー時代から今に至るまでずっと会員を続けています。

出会えた女の人も数知れません。

このような大型有名サイトですので、時にはデブスに出会ってしまって大変な目を見ることもありますが、
そういうのもこのサイトがちゃんと女性に出会えるということの証でもあると思います。

PCMAXの私の必勝の使い方をここでお知らせしたいと思います。

今日まで20歳から60歳までの様々な女性と出会えてきたかなりオススメできるやりかたです。

1 まず会員登録してマイページに入ったら、プロフィールを充実させます。
記入する項目は全て記入します。そして最重要項目、顔写真を載せます。
写真を載せることが最も大切です。ちょっと考えればわかると思いますが、
どこの誰ともわからない男からいきなりメッセージが届くんですから、顔くらい
確認したいと思うのが女心というか普通ですね。(アバターではいけません
PCMAXは、プロフィールに書くことができる事が多いので、これに全て記入して
自分をアピールしましょう。
100の質問なんて特に大事です。絶対に答えておきましょう。

2 女性を探すときに普通は、掲示板を見ると思いますが、私は真っ先には見ません。
私は、まずプロフィールを検索してみます。
自分の住んでいる地域を選択して、希望する女性の条件をチェックします。
私は、ぽっちゃりしている人が好みなのでグラマー、ぽっちゃり、激ぽちゃに
チェックします。(私の場合です。(^▽^))後は、ヒマな時間帯を選びチェックします。

これだけです。ですが、この方法が経験上いちばん結果が良かったです。女の人は、メッセージ
が来るとまず相手のプロフィールを見ます。誰でもそうだと思いますが。
そしてプロフィール欄が空欄ばかりだとまず返事は返しません。

これは今まで会ってきた女性達から直接聞きましたので間違いないと思います。

私    「どうして会ってくれたの?」

お相手  「まあ、どうしようかと思ったけど、色々書いてあったから。」

私    「そうなんや? みんな書かないのかな?」

お相手  「うん。半分も書いてない人の方が多いかな。」

というような会話を会って初めてすることが非常に多いです。

そんなこんなで私は、掲示板を見たことは数えるほどしかありません。
掲示板など見なくてもよほど女性と出会うことは簡単です。

プロフィール検索から入ったほうが自分の条件を中心に女性を探せますから。←これ重要です。

そうして相手のプロフィールを見て、ピンとくる人がいたらメッセージを送ります。
これは掲示板に書き込むことで無駄にポイントを消費することを防ぐためでもあります。

こちらのプロフィールが全て埋まっていて、写真があれば7,8割の確率で返事がきます。

と、ここまでやるのに最初に会員登録した場合、1円もお金はかかりません。
1円も使わずに運が良ければ3人くらいはラインのIDなどを交換して会う段取りまでたどり
つけます。
それは、無料ポイントがあるからです。
しかも当サイトから無料会員登録することで100ポイントの無料ポイントが貰えます。

私なら100ポイントあれば、5人の女性のラインIDを取得できると思います。

>>無料100ポイント付きの会員登録はコチラから(R18)<<
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

まあとにかく登録して童貞の人は、脱童貞。非モテの人は、もてまくりの生活。

以上が手に入ります。

行動に移さなければ今までと何も変わりません。

お試しだけでもやってみましょう。楽しい生活があるはずです。

出会い系サイトの無料での登録方法と、使い方がよくわからないと言う方はコチラのサイトに詳しく書いてあります。

可愛い彼女、素敵な彼氏、エッチなセフレが欲しくありませんか?

毎日の生活が楽しくなる優良な出会い系サイトです

あなたも彼女、セフレ、を見つけてワクワク ドキドキしよう

お試しでやってみたら、あなたの明日が変わります

PCMAXは会員数も1000万人突破です\(^O^)/

あなた好みのエッチなお相手が必ずいますよ

登録後、年齢認証で60ポイントの無料お試しポイントも貰えます

サクッと登録してセフレさんとラブホデートしませんか?

フリータイムで朝から一日のんびりマッタリしてリフレッシュしましょう

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事