女性が思わず返信したくなるメールの書き方4
Pocket

スポンサードサーチ

ラインを使って待ち合わせする方法

女性が思わず返信したくなるメールの書き方も、今回で4回目ですね。

今回からは、メールもいいですがまず前回からの流れとしてラインを使った待ち合わせの方法からいってみましょう。

念願のお相手とラインのIDの交換ができましたら、次の目標はお相手と実際に待ち合わせすることですよね。

連絡先が交換できて、これでやっとポイントを使わずに好きな時に連絡できるぞ!!なんて悠長なことを言っていてはいけません。

鉄は熱いうちに打てということわざの通り、お相手と連絡先の交換をしたら早速待ち合わせの約束をとりつけましょう。

連絡を強要しては、いけません

連絡先の交換ができますと、今までとはコロッと変わって自分の彼女と連絡しているかのように勘違いする男は結構多いです。

これは、気をつけなければいけません。

ただ単にラインのIDを教えてもらったにすぎませんので、急に横柄な態度はつつしむべきです。

  • メールの返信遅いよ。
  • さっきメールしたのにどうして出なかったの?
  • なぜ、昨日は返信してこなかったの?
  • 今何してるの?
  • 次の休み会えないって、別の男と待ち合わせ?

このような事をメールで言ってはいけません。

一度も会ったことのない女性に彼氏きどりしても、ドン引きされるだけです。

連絡先を交換して、直接連絡出来るようになったと言うことは、今スタート地点に立ったばかりであるということを忘れてはいけません。

もちろん待ち合わせの約束をすることは大切ですが、いつ会えるの?の連発では、お相手にラインのIDなり直アドを教えたことを後悔させるだけです。

何も良いことはありません。

まずは信頼関係を築くこと

とにかくは、まず密に連絡を取り合って信頼関係を築くことです。

たとえ本心がヤリ目でも、露骨な下ネタばかりではやはり嫌われる原因となります。

現在あなたに彼女がいましたら、彼女と出会って初めてデートした時のことを思い出して下さい。

今回連絡先を交換した女性は、出会った先が出会い系サイトというだけで普通の女性です。

あなたの彼女さんと同じに扱うことがとても大事です。と言うか、当たり前です。

ですのであなたが普通に、彼女と接するようにお相手の立場を尊重しつつ、あなたと会ったら楽しいな。あなたと会ったら癒やされる。

と、こんなふうに思って貰えるように接しなければいけません。

あなたが口下手でも、会話中に「間」をつくらないように努力しなければいけません。

もちろん待ち合わせが目的ですから、会話の流れで待ち合わせをすることはOKです。

会話が盛り上がっているピークの時に誘おう

日常会話で盛り上がっている時に、さりげなくお誘いするのが一番OKされやすいタイミングです。

同じ趣味で盛り上がっているような時に、じゃあこんど一緒に行ってみようよ!

なんて普通に友だち関係でお誘いするのと、基本は同じです。

ポイントとしては、約束の日程を明確にすることです。

いつか行ってみよう。ではなく、次の日曜日と、明確にすることです。

そのためにはお相手の休みを、事前にチェックしておくことも忘れてはいけません。

当初から、ヤリ目ありきの会話ができるようだったら、じゃあ俺で試してみる?なんて誘い方でもOKでしょう。

ただしこの場合も、相手が会話のピークで盛り上がっている時にお誘いすることは同じです。

まったり話している時に、いきなり下ネタを持ち出して待ち合わせのお誘いをしたら、女性からしたら不気味に思うだけです。

待ち合わせの日にちが決まったら、待ち合わせ日まではもっと信頼関係を築くべくお相手の反応を見ながら、連絡をマメにしましょう。

しかしながら、女性のタイプによっては待ち合わせが確定してからマメに連絡を取ることを嫌がる女性もいます。(不倫、2股をかけてる女性)

待ち合わせまでは、あなたのことを常にお相手に印象つけることで、ドタキャン率を下げる効果はありますが、この部分は相手によって対応方法が違いますので柔軟に対応する必要があります。

また長くなりそうなので、この続きはまたにしますね。

 

可愛い彼女、素敵な彼氏、エッチなセフレが欲しくありませんか?

毎日の生活が楽しくなる優良な出会い系サイトです

あなたも彼女、セフレ、を見つけてワクワク ドキドキしよう

お試しでやってみたら、あなたの明日が変わります

PCMAXは会員数も1000万人突破です\(^O^)/

あなた好みのエッチなお相手が必ずいますよ

登録後、年齢認証で60ポイントの無料お試しポイントも貰えます

サクッと登録してセフレさんとラブホデートしませんか?

フリータイムで朝から一日のんびりマッタリしてリフレッシュしましょう

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事